小説で飯を食う日記

掲示板のSS作家が『小説家』になるまで

やらない自分を分析してみた話

楢茶と申します。

普通の人は経験がないと思うのだけど、僕は何かのテストがあったとしてその前日まで何もしない(いわゆるノー勉)で挑んだり、プレゼンの発表があっても当日まで何も手をつけずにいたりすることがあった。

いつからこうなってしまったのかと言うと多分高校の時で、高校の時というのは偏差値が高かったので周りにどこまでも努力し続けられる人間が溢れていたために絶望した。

ゆえに頑張っても疲れるから生きてればいいやと満足のラインを下げたことが発端なように思う。

まあ記憶なんてあてにならないけれど。

しかしノー勉ならテストは不振だしプレゼンは完成せず怒られるし、あんまりいいことがなかったりする。

今もとりあえず就職しか思いつかなかったので就職で動いているが、1個目の面接先がまず試験を課すところなのに過去問を買ったものの3割くらいしか解くことができなかった。

ちなみに試験は今から3日後だから、7割くらい解ける可能性はある。

これを生来の特性なのかと聞かれると中学までは抜群に成績が良かったので違うと断言できる。

じゃあ怠けているのかというと、自分の意思でどうにかできるものじゃないから怠けている意識はないのだ。

むしろ僕個人としてはこの形質に不具合を感じていてどうにか勤勉になれないか腐心していると言ってもいい。

精神病棟に入院した経験から、自分の心を変えることはできると確信している。

目先の試験勉強にストレス(ゲームができない、アニメが見れない、小説が書けない)を抱えながら取り組むよりも、ストレスなく物事に取り組めるスキルをつけたほうが後々特になると考えたので、ここ数日は図書館と本屋で書籍を読み漁って方法を構築していた。

また完璧に試験を捨てたわけでもなく、過去問全体を流し見て、ノー勉でも7割くらいは解ける確信を持てたからリスクを取れたという背景もある。

 

僕の状態についていくつか仮説が立てられた。

1 ADHD系統の発達障害

2 慢性的な疲労状態

3 サイコパス

4 依存症の副次作用

このうちまず1は除外された。

何故なら精神病棟にいた時に僕は自分のことをADHDだと疑っていたので試験をさせてもらったからだ。

結果注意欠陥は認められたが多動傾向が全くなかったので発達障害とは認められなかった(ただのドジということだ)。

2も怪しいと思っていたのだが、精神病棟に入院して以降僕の生活リズムは5時起床10時就寝の完璧な7時間睡眠をキープしており体調だけに関しては極めて良好だからこれもない。

毎朝1時間は徒歩で移動しているし、ラジオ体操と腕立て伏せは欠かさず、たまにジムに行くなど適度な運動をしているしね。

3は報酬系が鈍っていて目先のドーパミンが出ることにしか取り組めず辞める方向で考えられないという点では近いと思ったのだが、サイコパス特有の共感力の低さが僕には当てはまらない。

またサイコパスは恐怖を感じないそうだが、僕は恐怖も強く感じるほうなので違う。

ということで僕の出した結論は4である。

ゲーム、マンガ、アニメ、味の濃い食事など多岐にわたる依存症、かっこよく言うと『クロス・アディクション』が僕の抱える問題のようだ。

精神病棟で治療したのは社会不安障害という、人のことが怖くなってまともにコミュニケーションが取れなくなる病気だったので、依存症は社会不安障害が取り除かれてなお残っていたラスボスということになる。

依存症はADHDうつ病に似た症状として表出する場合があるそうだ。

この解決策まで考えて実践し始めているのだが長くなってきたので今日はこの辺にしておく。